◎ 廃棄物・土壌分析

 産業廃棄物や汚泥を埋め立て処分したり、焼却灰を処分したりする場合に、重金属等の有害な物質が含まれていないかどうかを分析します。
 検査の項目は、処分場の受け入れ規制や処分する物によって異なりますが、一般的にはカドミウム、鉛、水銀、六価クロム等の有害な重金属で、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に基づく検査です。
 底質分析は、海底土砂や河川底土の分析で、「海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律」に基づく検査を行っています。
 土壌の分析は、平成3年環境庁告示第46号「土壌の汚染に係る環境基準について」に基づく検査を行っています。